どのカウンセリングスタイルが良いの?

2014年09月30日 15:08

カウンセリングルームに行けないこともないし、電話も気楽そうだけど、メールで相談もしてみたい・・

初めてのカウンセリングで、どのカウンセリングスタイルを選ぶのかお悩みの方も多くいらっしゃいます。

  • 対面カウンセリング

松戸市のカウンセリングルームにお越しいただいて、カウンセラーと顔を合わせてお話するのが対面カウンセリング。来談者中心療法を中心に、必要に応じて各種療法のご説明をしながらカウンセリングを勧めます。顔がみれて安心できる方には一番おススメです。おうちでゆっくり電話をかける場所が無い方も良いでしょう。

また、カウンセリングルームにて各種心理テストやアートセラピーなどを、体験していただくことができます。日記療法を行う方は、手書きの交換日記をカウンセラーと行うため、手渡しできます。

  • 電話カウンセリング

カウンセリングルームに行けない遠隔地の方や、おうちから出るのが恐い方、体調の優れない方など、ご自宅から電話でカウンセリングする方法です。

どこからでもご都合の良い場所から手軽にカウンセリングをご利用いただけ、おでかけする手間がかかりませんが、対面で出来る作業は難しいことが多いのが難点です(出来ることもあります)

  • Eメールカウンセリング

Eメールのカウンセリングは、お話するのが苦手な方でも文章で書いて送信するため手軽にご利用いただけます。文字数に制限はなく、送信するまでに何度でも手直しができます。また後で書いたものを読み直すこともできます。通常3営業日以内に返信が届きます。

文章で書く事で、自分の気持ちの整理もつきやすくなります。読書療法の役割も果たし、何度でも繰り返し読めます。

ただ、文章だけだと感情の抑揚がわかりずらく、状況の把握などにも時間がかかるため、何度か同じような質問をカウンセラーからされることがございます。

 

戻る